プライバシーと損害賠償

プライベートな情報を守る権利

個人情報の保護という概念が誕生して以来、自らの情報の扱いに関して気を配るようになったという人も多いのではないでしょうか?
住所や電話番号など、個人を特定する情報はそれだけで大きな価値を持っています。

 

特殊詐欺をはじめとした犯罪にも個人情報が大いに利用されているのです。
今回は、そんな個人情報を漏洩させた場合の損害賠償について詳しく見ていきましょう。

プライバシー権とは

私生活に関する情報を濫りに開示されてしまっては、平穏な日常を送ることが難しくなります。
プライバシー権は、私生活を守ることを法的に保障した権利です。

 

そのため、これを侵害した際には不法行為に基づく損害賠償を請求することが出来ます。
個人情報保護法という法律もその後押しをしており、個人に関する情報は濫りに公開されてはいけないのです。

住所や氏名は個人情報なのか

ここで問題になるのは、何が個人情報なのかという点です。
例として考えていきたいのが、インターネットの掲示板に名前や住所を勝手に公開されたケースです。
判例では、名前や住所はどちらも個人を特定するに足る情報であるとして、それをきっかけに私生活が乱される可能性も否定出来ず、勝手に公開されてしかるべき情報ではないとしました。
インターネットの掲示板は表現の自由が認められるべき場所ではありますが、個人情報を公開する理由と公開しない利益を鑑みるに、後者の方に重きを置くべきという判断がなされたのです。

企業の責任は

大量の個人情報を保管する企業の過失によって個人情報が流出したケースにおいては、企業側は個人を特定しうる情報に関してそれを濫りに公開されたくないという個人の要望に応えるべきであり、漏洩させた事実に対しての不法行為に基づいた損害賠償請求を認めています。

訴訟するなら弁護士

プライバシー権は比較的新しく生まれた権利なので、これから判例を積み重ねていきながら権利としての性質が深まっていくことでしょう。
こうした発展段階にある権利にまつわる事柄を法律の素人だけで扱うのは困難です。
自分の個人情報が濫りに公開されて損害賠償を請求したいときは、法律の専門家である弁護士に相談したうえで法的手段を取っていきましょう。